03-5469-7306
お問い合わせ

CASE STUDY

2021.04.23

花と森の東京病院【インタビュー記事あり】

 

 

・LED導入事例インタビュー

導入から2年   LED化により使用電力量は確実に削減できています

東京都・北区に位置する花と森の東京病院は、地域医療のハブ病院となることを目指し、多様な症状の患者さんを受け入れています。院内には、急性期の治療・手術に対応するICUや一般病棟をはじめ、在宅復帰を支援する回復期リハビリテーション病棟、高齢患者様を支える地域包括ケア病棟があり、併設の訪問看護ステーションと連携して、地域完結型の切れ目ない医療サービスを実現しています。アルファエネシアのLEDを導入したのは2019年。約2年が経った今、あらためて導入の経緯と効果について、事務部総務課の茂久田係長に伺いました。 

 

【LED導入の背景】
電気料金を可能な限り抑えたいという思いがあった。院内は広く、照明は蛍光灯からダウンライトまでさまざまな形状の照明を使用していた。

【LED導入の決め手】
最初は受付の一部に試験設置し、明るさなどを確認。製品・サービス・営業担当の対応などを総合的に比較したうえでアルファエネシアに決めた。

【LED導入の効果】
LED化により使用電力量は確実に削減できていることを数値でしっかりと確認できている。院内の雰囲気も明るくなり満足している。

 

病院向け品質と導入実績、バリエーションの豊富さが導入の決め手になりました

––アルファエネシアのLEDを導入して2年が経ちますが、あらためて導入の背景を教えていただけますか

導入のきっかけは、やはりコスト削減です。電気料金を可能な限り抑えたいという思いがありました。アルファエネシアのLEDを選んだのは、病院に特化した品質であることが、いちばんの理由です。保障期間中の対応もしっかりしていて、他社との違いを感じました。営業の方もマメに連絡をくださって、安心感がありましたね。

当院は面積も広く、照明は蛍光灯からダウンライトまでさまざまな形状のものを使用しています。そのすべての種類に対応していただけたLEDのバリエーションの豊富さも助かりました。他社にはない強みなのではないでしょうか。製品・サービス・営業担当の方の対応などを総合的に見て、任せようと判断しましたね。

 

––実際に導入してみていかがでしたか

導入後の違和感はありません。患者さんから明るすぎるといった声をいただくこともありませんね。導入前に試験設置していただいたので、安心して導入することができました。院内の雰囲気も明るくなった気がしますし、満足しています。

 

––導入後のきっかけだったコスト削減ですが、実際の効果はありましたか

効果は確実にありますよ。当院では毎月“エネルギー会議“をおこなっていて、電気使用量や料金の推移、気温や天候との関係なんかを洗い出したりしています。LED導入による効果も、数値でしっかりと確認できています。

 

––LED導入以外の省エネ対策や環境への取り組みがありましたら教えてください

空調設備の入れ替えや、節水コマの設置も検討しています。費用対効果をみて、環境に良いことはどんどん取り入れていきたいですね。

 

––貴重なお話をありがとうございました。



施設名称:
社会医療法人社団正志会 花と森の東京病院  
所在地:〒114-0024  東京都北区西ケ原2丁目3−6
病床数:199 床
設置数:約3,500 台
工事期間:約1ヶ月


 

 

CATEGORY